最新のWeb情報ならアールイズム

リンク依頼 サイトマップ 最初に

for文

for文とはある条件に達成するまで、繰り返し処理を実行させます。
range()関数と同時に利用されるケースが多く、()内に1つの数字なら回数を,で複数の数字だと開始から終了を指定できます。
for文は以下のように記載します。

for 変数名 in オブジェクト:
    実行する処理

では実際に以下のコマンドを入力して実行してみてください。

>>> x=0
>>> for x in range(10):
...     x=x+1
...
>>> print(x)
10

>>> x=0
>>> for x in range(1,5):
...     x=x+1
...
>>> print(x)
5

繰り返し処理を中断したい場合、breakを利用し、再開したい場合はcontinueを使用します。
では実際に以下のコマンドを入力して実行してみてください。

>>> x=0
>>> for x in range(10):
...     x=x+1
...     if x == 5 : break
...
>>> print(x)
5

>>> x=0
>>> for x in range(10):
...     x=x+1
...     if x == 4 : continue
...     x=12
...
>>> print(x)
12

while文に行く

if文に戻る