最新のWeb情報ならアールイズム

リンク依頼 サイトマップ 最初に

HTML5の文法

基本的な文法は下記の通りです。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>最新のWeb情報ならアール・イズム</title>
<meta name="keywords" content="Web,HTML,クラウド">
<meta name="description" content="最新のWeb情報をぞくぞくと載せていきます。HTMLのコーディングからクラウド、ホスティングなどさまざまな情報を載せていきます。">
<meta name="viewport" content="width=device-width, minimum-scale=1, maximum-scale=1, user-scalable=no">
<link rel="stylesheet" href="../css.css">
</head>
<body>
本文を書きます。
</body>
</html>

まず「<>」をタグといいます。
中の内容を要素と言いますので、覚えておいてください。
本サイトでもタグや要素は使用していきます。
タグには開始タグと終了タグがあり、囲む必要があります。
HTMLはこのタグが命令を行います。プログラムと同じようなものです。
しかし、終了タグが必要でないものもありますが、これは少しずつ覚えてください。

「<!DOCTYPE html>」は、HTMLのバージョンや仕様を宣言するものです。
必ず、文書の初めに記載する必要があります。
HTML5ではこのように記載します。

「<html lang="ja">」ですが、言語のコードを指定します。
日本語なら、jaで大丈夫ですが他の言語を使用する場合は別途調べてください。

「<head>」~「</head>」にはヘッダー情報を記載します。
ヘッダー情報とはサイトの情報を記載します。
「<meta charset="UTF-8">」は本サイトがUTF-8で書かれていますよ。 と通知していますので、ブラウザが自動で文字コードをUTF-8に切り替えます。
※ファイル名で保存するときに同じものを指定しないと文字化けします。
「<title>」はサイトのタイトルを記載します。
「<meta name="keywords" content="">」と 「<meta name="description" content="">」は サイトのキーワードと説明を記載します。
タイトル、キーワード、説明は検索エンジン(YahooやGoogleなど)で必要なものです。
他の人がサイトに訪れた時に認識できる情報ですので、サイトが分かるようにきちんとしたものを記載しましょう。
「<link rel="stylesheet" href="../css.css">」はCSSファイルを読み込みます。
これは、別途CSS3のところで行いますので、今回は無視して構いません。

最後に「<body>」ですが、サイトの内容を記載します。
文法の「<!DOCTYPE html>」から「</html>」までをコピペして保存して 開いてみてください。
ブラウザには「本文を書きます。」が表示されると思います。
別の文字とかに変更してみましょう。

HTML5の実践に行く

HTML5の書方に戻る