WebプログラミングならR-izm

サイトマップ 最初に

if文

if文とは条件によって処理を分岐させて処理を実行させます。
例えば、xは2より大きいかという条件で、2より大きいならOKを2より小さいならNGを返すなどが考えられます。
if文は以下のように記載します。

if 条件式1:
    条件式1が正しい場合に実行する処理
elif 条件式2:
    条件式1が正しくなく、条件式2が正しい場合に実行する処理
else:
    条件が正しくない場合に実行する処理

では実際に以下のコマンドを入力して実行してみてください。

>>> x=2
>>> if x>3:
...     print('0K')
... else:
...     print('NG')
...
NG
>>> country='en'
>>> if country == 'en':
...     print('英語')
... elif country== 'cn':
...     print('中国')
... elif country== 'jp':
...     print('日本')
... else:
...     print('その他')
...
英語

for文に行く

関数に戻る