WebプログラミングならR-izm

サイトマップ 最初に

CSS3の説明

CSSとはCascading Style Sheets(カスケーディング・スタイル・シート)の略語です。
作成したHTMLをデザインし直すというイメージで考えていただければ大丈夫です。
CSSがなかった時代はHTMLでデザインをしていました。
現在もHTMLだけで、デザインを行うことは可能です。
しかし、検索エンジンで上位に表示できるSEO対策で、HTMLだけでのデザインでは正常なサイトとは判断されずに 上位での表示が難しくなってきています。
CSSの歴史は、1996年12月にCSS1が1998年5月にCSS2が2011年6月にCSS3となりました。
現在は、CSS4の公開草案がいくつか公開されてきています。
今まではパソコンだけでWebは閲覧されてきましたが、、ケータイ電話やスマートフォンなどの新しい機器(解像度)に対応していかなければいけませんので、それらの対応用のレイアウトはCSSで行う必要があります。
CSSは必ず最後のものが適用されますので、気をつけてください。
きちんと設計しないとスパゲッティ状に複雑になってしまいやすく、他人や後で見てもどれに適用されているのかがわからなくなりやすいので気を付けてほしいです。

CSSの書方に行く