WebプログラミングならR-izm

サイトマップ 最初に

Javascriptの説明

JavascriptとはWEB用のプログラミング言語で、少ないコードで書けるオブジェクト指向のスクリプト言語です。
HTMLファイル内に記述したり、HTMLファイルから呼び出したりすることで、HTMLやCSSでは実現できない動的なホームページを生成することができます。
ECMA InternationalとういうIT関連の標準化団体により、ECMAScript(エクマスクリプト)として標準化されています。
ただし、Webブラウザに依存せしません。Windows 8ではアプリ作成に利用されています。

Javascriptの歴史は以下になります。
1995年12月:Netscape NavigatorがJavaScriptに変更
1996年08月:Javascript1.1
1997年06月:Javascript1.2
1998年10月:Javascript1.3
1999年06月:Javascript1.4
2000年11月:Javascript1.5
2005年11月:Javascript1.6
2006年10月:Javascript1.7
2008年06月:Javascript1.8

Javascriptの書方に行く 目次に戻る